私、いわゆるファミコン世代。 シキ風味。

私、いわゆるファミコン世代。のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

私、いわゆるファミコン世代。

今回の我がシキ風味では、リクエストにお応えいたしまして


『思い出たっぷり名作特集』


を、お送りいたします(・∀・)b 


FC、SFCに限ってですが(笑)


ファミコンと言えばドット絵、和音の三角波効果音、クソゲー・・・


スーパーファミコンと言えば「スーパー~」や、多彩なゲーム、クソゲー・・(二度目)


 


なんだか懐かしくなってきたので、さっさと書きましょう(笑)

と、最初に書き出す作品として忘れてはならないのは、


『スーパーマリオブラザーズ(FC)』


はい、お約束(笑) マリオが無ければファミコンじゃありません。
お決まりのクリボーに向かって突進→死亡」方程式は、今も健在ですね。
ワープゾーンや無限増殖、今のアクションゲームにはもうないのかな?


ついこの間、ゲームボーイアドバンスに復刻したマリオをやりました。


マリオってこんなに操作性難しかったっけ!?Σ(゚д゚lll)


なんと腕が落ちてました。ジャンプした後、上手に止まらないorz
特に飛び地とか、ジャンプ→滑らして死亡のミスを連発。


今一度、ファミコンで修行するべきか・・・?(((( ;゚д゚)))アワワワワ


では、次のゲーム(ぉ


『くにおくんシリーズ(FC・SFC)』


はい、いきなりコアなゲームになりました!(爆)
これを知っている人は、相当古い世代orやり込んだ人に違いありません。
「くにおくん」とは、熱血高校を仕切る(?)ドッチボール部のキャプテンのこと。


たかがドッチボールだと思うなかれ。


それはそれは理不尽な必殺ボールで仲間が次々と惨殺((;゚Д゚)


食らったら昇天って、どんなドッチボールだよ・・とツッコんではいけません。


で、この「くにおくん」ですが、非常に多いシリーズが出てます。マリオ以上。
例えば、運動会やケンカ、ホッケーや、果てには時代劇まで・・・・( ゚Д゚)ポカーン


その中でも、私のココロに残っている作品は


『熱血高校ドッチボール部サッカー編(FC)』


と、見るからにツッコミどころ満載な怪しいタイトルです。
ストーリーは、食中毒に倒れた熱血高校サッカー部に代わって、ドッチボール部が
サッカーの全国大会に出場するという理不尽な話。


で、このゲーム、サッカーなのに1チーム6人制です。
私はコレを見て『サッカーって6人でするんだぁ』とか変な知識を埋め込まれ(ry


さらに、お約束の必殺シュート文字通り必殺です(;・∀・)


食らったら、10メートル近くは軽く吹っ飛ぶため、


キーパーの存在意義すら怪しまれます。


と、幼き頃の自分をサッカーに駆り立てた、そんな作品でした(苦笑)


 


では、次のソフト。


『F-ZERO(SFC)』


多分、スーパーファミコン購入と同時に買ったソフトだと思われます。
F-ZEROの主人公、キャプテン・ファルコンだったんですね・・・
スマブラ出るまで判らなかった(汗)


で、この作品で最もココロに残る(?)のは、事故った時の爆発音。
んー、今になって聞いても怖いですね。心臓がドキッとします。トラウマ。


『ShadowGate(FC)』


はい、知る人ぞ知るケムコ三大クソゲーの一つ。もはや神格化されてます。
このゲームは、叔父からもらった100本あまりものソフトに混ざってました。
(※結構いるかな? 叔父さんからゲームソフトを譲ってもらった人って・・・)


まぁ、叔父さんからもらったソフトの4割近くはクソゲーでしたが(笑)


で、随分脱線しましたが・・・(自爆


このゲーム、あえてジャンルつけるなら『死にゲー』。
昨日紹介した、絶体絶命都市の主人公よりヘタレな主人公が、


王家の血を引いた勇者として、魔王を倒しにラストダンジョンを進む話。


ファミコン時代の定番、勇者が悪いヤツを倒しに行く展開ですね
ただ、シャドウゲイトにはレベルの概念がありません。謎解きオンリー。


何が死にゲーだって?


そりゃ、主人公がよく死ぬからです・・・(゜∀。)
ゲーム難易度は特S、丸腰ではとてもクリアできるもんじゃありません。


では、数々の死に様をプレイバック。


・本を読もうとしたら落とし穴にハマって転落死
・たいまつが消えて、焦って足元を滑らせて後頭部を強打→死亡
・井戸の中を調べようと、自ら飛び込んで死亡(やや意図的)
・やりを装備しようと「つかう」→「セルフ(自分自身ってことね)」・・・


槍の先で私の左胸を突き刺した!


残念、私の冒険はこれで終わってしまった


(゚Д゚ )ハァ?


・・・・そんなゲームなんです。・゚・(ノ∀`)・゚・。



『クロノトリガー(SFC)』


ゲーム史上に残る至宝でしょうか、本当に素晴らしい作品ですねぇ。
ドラクエで有名な、エニックスの堀井や鳥山明などが賛同した、最強のゲーム。


現在の欧米ゲーム情報でも、日本で最高峰のゲームは?と訊かれると
結構、この名前が出るそうです。今年で、もう10年目なのかな・・・。


このゲームで初めて、スクウェアの存在を知りました(苦笑)
元々はドラクエ派でして、FFは7から取り掛かったのです。。。


ストーリーや戦闘システムも秀逸、タイムスリップをテーマにした作品では
非常に良く仕上がってたと考えます。小説を読んでるような感じかな?


何だか上記に比べて味気ないのは、書く言葉が見つからないからです(笑


 


『バハムートラグーン(SFC)』


これは、つい最近やったゲームかなぁ。当時としてはなかなか画期的だと。


スクウェアのゲームが連続ですが、出たのは上の前後かなー・・・。


シミュレーションRPGで、主人公やドラゴンを操作しながら戦っていく、


いわゆるスパロボのようなやつです(禁句


シナリオが・・まぁ最後は(´・ω・`)な展開なんですが(謎)
結構、要所要所で笑わせてくれます(゚ー゚*)


当時はスルーしてたんですが、最近少し触れる機会があったので紹介。


 


で、まだまだ紹介しきれないことが山積みなんですが、


今日はこのぐらいにしておきます(笑)


ご意見・ご感想をお待ちしておりますイョ━━━━ヽ(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ノ━━━━!!


 


結論:クソゲーは笑いの瞬発力はあるけどな。
(by 斑目晴信・現代視覚文化研究会二代目会長)

スポンサーサイト

2006年02月25日 トラックバック(0) コメント(5)

クロノトリガーは最高!!!

2006年02月26日 SWAN URL 編集

SFCのロックンロールレーシング

これに限る!!

2006年02月28日 殿 URL 編集

>SWAN
クロトリはやっぱりSFCの名作ですなぁ、バトルシステムから何から、
かなり斬新で熱中した覚えがありますわ(´∀`)b

>殿
ロックンロールレーシング・・・これまたマイナーっぽい作品を
出してきましたな(笑) 検索してみましょう・・・・

94年にSFCで発売・・・ふむふむ(・ω・ )

ワイルドで無慈悲なレースを味わえるレーシングアクションゲーム。

・・・・・

ガクガクブルブル ((((((´A`;;;)))))

2006年02月28日 シキ URL 編集

これなら2P対戦で3時間は笑っていられます。

一度ご賞味あれw

まぁ売ってるとこがあったらの話ですが・・・
500円くらいじゃないですかね・・・。

2006年03月02日 殿 URL 編集

SFCかぁ。ファイアーエムブレム(ますゲー)とか。
ぷよぷよとか。聖剣伝説とか。。。

ロープレばっかd  orz

500円か。高けぇ(ナニ
ソノ前にスーファミ自体死んでるわ・・・w orz

2006年03月03日 ますたー URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。